オーダーで何でも実現~理想のデザイン住宅をあなたに~

house

新築と中古で考える

新築住宅と中古住宅のどちらがいいか

一戸建ての購入を検討している人は、一戸建て新築住宅を購入するか、中古住宅を購入するか迷っている人も多いかもかしれません。 現状では一戸建て新築住宅を購入したいという人の方が優勢です。 ところが最近は、中古住宅の人気も出てきています。 では、それぞれのメリットはどうでしょうか。 まず、新築住宅については、なんと言ってもそこに住むのは自分たち家族がはじめての居住者になることです。 これは、日本人が新しいもの好きであると共に、人が使ったものはできるだけ使いたくないという潔癖症のせいでもあるのです。 これに対して、一戸建て中古住宅の場合はどうでしょうか。 中古住宅の最大のメリットは、新築住宅と比べた時の価格の安さです。

リノベーションやリフォームの価値

中古住宅が価格が安いのは当然ですが、新築住宅と比べたときに、築年数が違うだけで同じような条件の建物だと五百万円から一千万円ぐらいは違いが出ます。 ただしこの価格差であってもやはり新築住宅がいいと言う人が多いのです。いくら価格が安くても新しいものにお金をかけたいと考える人が多いわけです。 ところがリフォームやリノベーションをすることでこの価値観がひっくり返ることがあります。リフォームやリノベーションをすると、少なくとも人の肌に触れる部分は新築と同じ状態になるのです。 これによって中古住宅を購入してリフォームやリノベーションをする人が増えています。今後もリフォームやリノベーションをする傾向が続いていくと予想されます。

Copyright© 2015オーダーで何でも実現~理想のデザイン住宅をあなたに~All Rights Reserved.