オーダーで何でも実現~理想のデザイン住宅をあなたに~

house

こだわって考える

注文住宅と規格住宅の違い

注文住宅はハウスメーカーをはじめ工務店や設計事務所、不動産会社などで購入することができます。注文住宅というのは施主の要望を反映させた住宅を建築することができるのです。とはいえ一言で注文住宅といっても建築会社によって自由度が大きく異なるのです。中には注文住宅という文言を前面に打ち出し住宅を販売している建築会社でもほとんど自由度がなく壁や柱の位置が変更できない住宅を販売している会社もあるのです。このほかにも中には規格住宅と注文住宅をどちらもそろえていて施主の要望によって提案する商品を変える建築会社もあります。一般的には注文住宅と規格住宅を比較した場合、人件費が節約できる分だけ規格住宅のほうが安い費用設定にしてある場合が多いです。もちろん住宅に搭載されている設備のグレードが低い場合も多くこうした仕入れ費用を抑えることで価格を抑えているケースも多いのです。

住宅を建築する際に大切な事

注文住宅は施主の要望に合った住宅を建築できることからより施主の予算や求めるものに応じた住宅を建築することができるのです。注文住宅の場合こだわりたい部分には予算をかけてそうでない部分はグレードを落としたり費用を抑えることができるのです。 とはいえ注文住宅は分譲住宅や規格住宅よりも高額になる傾向にあります。これは設備や間取りにこだわるからでもあるのですが、もともと注文住宅のほうが多くの人間が長期間関わります。こうした人件費も当然価格に反映されるのです。ですから高額になる傾向にあるのです。更に会社の中でもよりこだわりを持って長期間の計画が必要になる建築方法は高額の費用が掛かる場合も多いのです。 住宅を建築する際には予算を明確にして資金計画を行い会社を選択することが大切なのです。

Copyright© 2015オーダーで何でも実現~理想のデザイン住宅をあなたに~All Rights Reserved.